竹村 一八
1986.12.05生まれ
A型
趣味:アニメ、読書、たまにアウトドア

生い立ち

僕は滋賀県の田舎、日野町という場所で生まれ育ちました。

4:42分という時間に生まれたことから、
看護師さんに気を遣わせてしまい、
秘密裏に出生時間は4:41分に変更。

生まれて3秒で早速人に迷惑をかけてしまった訳です…笑

このことは家族全員知っているそうな。
秘密裏とは一体・・・

竹村、ウサギに指を食いちぎられる

2歳?3歳?くらいの時、小学校で飼っていたウサギにエサをあげていたところ指を食いちぎられる。

(そんなヤツおるの? はい、私です)

一緒にいたばあちゃんの話では、
指から血を流しながら一切泣かず笑っていたそうな。(なにそれ怖い…)

おかげで今でも少しだけ指の先がない。

この瞬間より、竹村の人生手帳には
ライバル:「うさちゃん」の名が刻まれている。

竹村、絶賛「人見知り」になる

中学校に入学。

全校生徒60人ほどの小学校
(後に廃校、現在はアニメの聖地や映画のロケ現場としてちょっと有名になっている)
から全校生徒1000名にせまる中学校に入学したため、
めでたく人見知りをこじらせる。

また入学直後のホームルームで担任に「いっぱち」と呼ばれる事件が発生。
(本名:かずや『一八』)
後に「クラスにいっぱち君て変な名前の子がおる件」と呼ばれる、
どこぞのラノベタイトル風の出来事により本名は永遠に封印されたとか、されなかったとか。

現在でもほとんどの人が「いっぱち君」または「はち君」と呼んでくれます。
よろしくお願いします。

友達のピーをピーしてた高校時代

美容師を目指すと決めたのもこの頃。

初めてかけたパーマが好評で、
「自分もパーマしたい」という友達が続出。
そんな友達にドラッグストアでパーマ液を買って、
僕が全頭三つ編みとかをしてパーマをしてあげてたんですよ。

自分のしたことで友達がカッコよくなって喜んでくれて、
なんか嬉しいな~って。

そんなことがきっかけでした。

人生初の○○を経験した美容学校時代

はじめての大都会、はじめての一人暮らし、はじめてのモテ期…笑

人生ではじめて挫折というか悔しさを味わったのが美容学生時代。

自分でいうのもなんですけど、それまでは割りと何でもできる子だったんですよ。
走るのも学校では一番早かったし、スポーツ全般得意だったし、勉強も5教科490点台とかだったし。

でも、美容技術は甘くなかった。

「自分、才能ないのかな?」と思うくらい、上には上がいて、
どれだけ練習しても勝てないって思い知らされた2年間。

でも素晴らしい友達にも恵まれました。

ブラックな美容師人生スタート

労働基準法・コンプライアンス…
ガン無視の当時の美容師業界。

入社から3年間、朝8:30に出社して、翌午前3:00前に帰宅するという生活を送る。

でもこの頃は夢に向かっていくらでも頑張れたので、
今ではいい思い出となっています。

有給休暇? 何それ美味しいの??

24歳でノリで独立

たぶん同年代では一番早く独立しました。

共同経営ではありましたが、経営者としての人生が始まります。

経営者になっての感想は「とにかく大変!」
上手くいったら誰かのおかげ、失敗は全部自分のせい。
責任やプレッシャーと引き換えに得ることのできる充実感と達成感。

自分の未熟さゆえにお客様を怒らせてしまったこともあったし、
スタッフを泣かせてしまったことも。

27歳の時には大好きなばあちゃんの髪を切ってあげるという目標を達成。
あの時のばあちゃんの嬉しそうな顔は生涯忘れることはありません。

竹村、美容師辞めたってよ!

実は29歳で一度美容師を辞めているんです。

WHY?

WEB関係の会社を立ち上げたんです!

WHY?? WHY???

実は以前から美容師ブログをやっていたんですが、
そのブログが100万人くらいの人に読まれるブログに育っていて…

それで、はじめて「わが社のシャンプーをブログで紹介してもらえないでしょうか?」ってメーカーから依頼が来て、使ってみて良かったんで載せたんですよ。
(この時のシャンプーが今の美容院Rでも取り扱っているクイーンズバスルームである)

そしたらビックリするくらいたくさんの人が買ってくれて…
インターネットってスゲー!ってなったんです。

そこからはあれよあれよで、ブログの規模も売上も大きくなって。

今まで何をやっても一番になれなかった美容師が、
ブログで読者の髪の悩みを解決したり、モノを売ることに関しては誰にも負けない美容師になりました。

「ネットで髪の悩みの解決法を探している人に美容師としてアドバイスをしてあげること」これが自分が得意なことで、自分にしかできないことで、だから自分がやるべきだと強く思うようになりました。

そして「髪の悩みならこのサービスを使えば全て解決する」というWEBサービスを作るため、一旦美容師を辞める決断をしたんです。

が!

竹村、2年で現場に舞い戻る(笑)

いや、今「辞めた」って言ったそばから復帰早すぎない!?笑

今の美容院Rを出店したとともにサロンへも舞い戻ってきました。

理由は2つ。

  1. 2人で一緒にサロンをするという夫婦の夢を叶えるため
  2. サロンの現場を知らないと良い情報発信をできないと思った

この2つが決め手になり、31歳から美容師とWEB関連の2足のわらじを履くことに。
(WEBの会社は順調に大きくなり、スタッフに任せられることも多くなっていた)

が!

竹村、盛大にだまされる

事件が起こったのは32歳の時。
簡単にいうと詐欺にあいました。

額は高級外車(赤くて馬のロゴがはいったやつ)が買えるくらいです。

しかも、相手が会社の身内だったんですよ。

マジでショックでした。
誰も信じられなくなりました。
仕事にも影響が出て取引先にも迷惑をかけてしまいました。

(テレビドラマの中の話だと思ってるような出来事でも、突然自分に降りかかってくることがあります。みなさん本当に気をつけてください)

会社の売り上げが落ちると、今まで竹村さん竹村さんと言ってくれた人たちが手の平を返すようにいなくなっていきました。
この時には完全に人間不信でした。
その結果、WEBの会社を解散することに決めます。

そこから半年間、何もせずに過ごしました。
本当に何もせずです。
朝起きて、ボーっとして、昼寝して、夜ご飯食べて、また寝る。
全ての気力を失っていました。

そんな自分を救ってくれたのもやっぱり『美容』だった

堕落した生活が半年ほど続いていた時、

ずっとずっと美容師として何かで一番になることに執着していました。
でも、そんな僕は今はもういません。

今の僕の目標は「あなたに会えて本当に良かった」と言ってもらえる人、美容師になることです。

人生に絶望した時に支えてくれた人達がいました。
本当に大切なものが何かを気付かせてくれた人達がいました。
その人たちがいてくれて、その人たちに出会えて、僕自身本当に良かったと思えました。

お金やモノではない大事なものをたくさんいただきました。
目には見えないけど、たしかにそこにあると感じれる愛情をいただきました。

今度は僕が誰かを支える存在になりたい。

そんな想いで今、美容師をやっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

私、竹村はこんな人間です。

人見知りに加えて頑固者です。
変わりモノとも言われますし、34歳にしては馬鹿なところもあると思います。

ですが、人の痛みの分かる人間だと思っています。

こんな私で良ければ、みなさん仲良くしてくださいね。

このブログ共々、末永くよろしくどうぞ。

美容師 竹村一八